今日の国内外ニュース(旧:マーサタンタン生活情報局)

主として、話題のネタになる「今日の国内外ニュース」について紹介します。

2月25日 大阪・東成ヤミ民泊女性監禁事件 名簿不要 不明女性は英語堪能

   

SPONSORED LINK

 

 

 今日は、「夕刊紙の日」なんだそうです。

 

 古くは、「金融緊急措置令に基づく旧円と新円の交換が開始。(1946)」「八高線列車脱線転覆事故発生。(1947)」「日本初の駅売りタブロイド判夕刊紙『夕刊フジ』が創刊。(1969)」「大阪ニセ夜間金庫事件が発生。(1973)」「行政機関、交通、報道、通信などで希望する機関に対し緊急地震速報の試験運用を開始。対象は、九州東岸から関東までの地域。(2004)」などがあった日なんだそうです。

誕生花:じゃこうばら (Musk Rose)   花言葉:きまぐれな愛

 

(「今日は何の日カレンダー」、「ウィキペディア」など参照)

 

 

 いつもと変わらない日常が始まった。

 でも日本の各地や世界では・・・。

 

 

 

★<大阪・東成>女性監禁 名簿不要のヤミ民泊 スーツケースから人の頭部が発見(毎日新聞)


2/25(日) 9:23 掲載

 兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市東成区の民泊の部屋に監禁されたとされる事件の捜査で、大阪市内の別の宿泊施設にあったスーツケースから人の頭部が発見された。女性の安否は確認されておらず、むごたらしい遺体の発見状況に、住民や知人らは不安を募らせた。

 

 頭部が見つかったのは、東成区の民泊マンションから南西に約5キロ離れた西成区の宿泊施設の室内。近所の人によると元々、生活保護受給者らが暮らし、最近になって民泊施設を始めたとみられるという。周辺には同じような宿泊施設が建ち並び、キャリーバッグや大きな荷物を背負った外国人旅行者が多く行き交う。

 インターンシップのために米国イリノイ州から来日し、この施設に2泊する予定で24日夜に到着した男性(23)によると、室内は畳のワンルームで洗面台がある。男性は「仲介サイトで空室を見つけ、1泊1500円と安かったので予約した」と話し「いったい何が起きたのか。ここは危険な場所なのか」と表情を曇らせた。

 近くに住む建築作業員の男性(63)は「キャリーバッグを持って歩く外国人旅行者は多く、不自然に思ったことはない。怖い」と話した。近くに住むアルバイトの女性(26)は、「この辺りは治安が悪いと聞いていたが、私と同じ女性が遺体で見つかったと聞き怖い」とおびえた様子で話した。

 東成区の監禁現場とみられる部屋は、オーナーの親族が空き室を1室だけ改修し、旅行客を泊める民泊として使われていた。大阪市によると、このマンションは国家戦略特区を活用した民泊制度の認定や旅館業法の許可を受けていなかった。西成区の施設も1月末段階で特区の認定を受けていなかった。合法な民泊では、宿泊者名簿の作成やパスポートの確認が義務付けられているが「ヤミ民泊」なら不要のため、トラブルが懸念されていた。

 行方不明の女性会社員は、2年ほど前に三田市内の勤め先に転職してきた。友人の女性は「年下にも気さくに接してくれた」と安否を心配している。

 友人によると、女性は海外旅行に出かけるなど英語が堪能だったため、会社幹部の秘書をしたり、通訳をしたりしていた。勤務態度は真面目で性格は気さく。友人は「1人でよく海外旅行に行っていた。今回もそうであってほしい」と祈るようにつぶやいた。

 一方、女性の両親が住む兵庫県姫路市内の自宅は、明かりが消え、ひっそりしていた。近くに住む男性(67)は「女性の幼い頃を知っているが、目立たない子だった。こんな事件に遭遇していたとしたら恐ろしい。ご両親は気さくにあいさつしてくれる人だっただけに、容疑が本当であれば犯人を厳罰に処してほしい」と話した。【粟飯原浩、藤河匠、高嶋将之、田畑知之】



遺体の一部が見つかった宿泊施設=大阪市西成区で24日午後10時39分、大西岳彦撮影(毎日新聞)



 

 

 

 

★「外国籍取得したら日本国籍喪失」は違憲 8人提訴へ(朝日新聞デジタル)


2/25(日) 10:26 掲載

 日本人として生まれても、外国籍を取ると日本国籍を失うとする国籍法の規定は憲法違反だとして、欧州在住の元日本国籍保持者ら8人が国籍回復などを求める訴訟を来月、東京地裁に起こす。弁護団によると、この規定の無効を求める訴訟は初めてという。

 

 弁護団によると、原告はスイスやフランスなどに住む8人。すでに外国籍を得た6人は日本国籍を失っていないことの確認などを、残り2人は将来の外国籍取得後の国籍維持の確認を求めている。

 原告側が争点とするのは「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う」とした国籍法11条1項の有効性だ。

 原告側は、この条項が、「兵役義務」の観点などから重国籍を認めなかった旧憲法下の国籍法から、そのまま今の国籍法に受け継がれていると主張。年月とともに明治以来の「国籍単一」の理想と、グローバル化の現実の隔たりが進んだ、としている。

 現憲法13条の「国民の幸福追求権」や22条2項が保障する「国籍離脱の自由」に基づき、「国民は日本国籍を離脱するか自由に決めることができ、外国籍を取っても、日本国籍を持つ権利が保障されている」として、条項が無効だと訴えている。




 

 

★赤十字国際委員会でも買春、免職など20人以上(AFP=時事)


2/24(土) 16:41 掲載

 赤十字国際委員会(ICRC)のイブ・ダコー(Yves Daccord)事務局長は23日、2015年以降に買春行為で免職されるなどしてICRCを退職した職員が20人以上いることを明らかにした。

 

 ダコー氏はAFPに送った声明の中で、ICRC職員の性的不品行について徹底的な内部調査を実施させたところ2015年以降に21人が性的サービスに金を支払っていたことを理由に免職処分を受けたか辞職していたことが判明し、他に2人が同様の理由で契約を更新しなかったと明らかにした。

 同氏は、ICRCは分散型の組織で世界に1万7000人の職員を抱えているため集計は容易ではなかったと述べ、もみ消されたり適切に処理されなかったりした事例があった可能性にも懸念を示し、ICRCとして引き続きこの問題に対処していくと明言した。

 職員の買春疑惑に揺れている英国の国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は職員の買春行為を明確には禁じていなかったが、ダコー氏によればICRCは2006年以降、買春が合法とされる地域でも金を払って性的サービスを受けることを職員に禁じている。

 人道支援機関職員による性的不品行が相次いで報じられている中、ダコー氏は人道支援セクターは「重大な分岐点」に直面しているとして変革を訴えた。【翻訳編集】 AFPBB News


 

※赤十字国際委員会の使命は、「人々の生命と尊厳を保護し、必要な援助を提供する」ことにある。
 

 

国際アクセスランキング1位

★<平昌五輪>北朝鮮選手の印象薄く 軒並み最下位・失格(産経新聞)

2/25(日) 7:55配信

 韓国統一省は24日までに、平昌五輪に参加した北朝鮮の選手、応援団が26日に帰国する予定だと明らかにした。いわゆる「美女応援団」の存在感とは対照的に、出場選手らは多くの種目で最下位や失格に終わり、競技面で印象を残せなかった。


 北朝鮮代表の最終種目となった22日のアルペンスキー男子回転。赤い帽子とサングラスで装いをそろえ、観客席にずらりと陣取った200人あまりの応援団は北の歌謡曲を合唱し、観客の注目を集めた。「主役」であるはずの北の2選手はそれぞれ、完走者中最下位と途中棄権という結果に終わった。

 夏季五輪などでは、ダークホースとして好成績を収める北朝鮮選手も現れるが、今回は、下馬評を覆す種目はなかった。話題を集めたアイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」は5戦全敗。スキーやスケート競技では最下位圏や失格者に名を連ねた。【平昌=時吉達也】


 

 

 

★今日のお天気・・・ <全国の概況>
 
 きょうは九州の南を低気圧が東へ進みます。九州は雨で、山では雪でしょう。中国地方、四国も太平洋側を中心に昼頃から雨が降る見込みです。近畿も午後は所々で雨が降り、東海や関東甲信は夜に雨や雪の所があるでしょう。北陸や東北から北海道の日本海側は所々で雪が降る見込みです。太平洋側は晴れ間が出そうです。沖縄は雨や雷雨でしょう。最高気温はきのうより低いでしょう。

 

 

 

★今日の音楽は・・・<G.P. Telemann Oboe Concertos>



 

出典・参照:YAHOO! JAPAN ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/)

 

今日も良い一日を!

 

 



 



 






ベルブラン
 

水泡力
ニッピ コラーゲン100
なたまめ茶



 

★主に女性の方向け★美容・健康についての情報を紹介しています。

⇒ <美容系商品サイト>

 

艶つや習慣 50代~向けLP URL1
 

ステラの贅沢CoQ10
 








 

あわせて読みたい関連記事:

 - 時事ニュース

Translate »