今日の国内外ニュース(旧:マーサタンタン生活情報局)

主として、話題のネタになる「今日の国内外ニュース」について紹介します。

3月12日 知人男性を4か月間監禁した容疑、男女4人逮捕 群馬・高崎

   

SPONSORED LINK

 

 今日は、「お水取り(奈良市東大寺)」「サイフの日」「スイーツの日」などにあたります。

 

 古くは、「暴風雪により千葉県銚子沖で漁船83隻が遭難。1055人死亡。(1910)」「中谷宇吉郎が雪の結晶の作製に成功。(1936)」「小野田寛郎がフィリピン・ルバング島から30年ぶりに日本に帰還。(1974)」「寝台特急『北陸』がこの日発の運行限りで廃止。また、夜行列車『能登』は臨時列車化となる。(2010)」「長野県北部地震発生。この地震により長野県栄村や新潟県津南町・十日町市などが大きな被害を受けた。(2011)」「福島県にある東京電力福島第一原子力発電所の1号機が水素爆発。(福島第一原子力発電所事故:2011)」などがあった日なんだそうです。

 

誕生花:やなぎ (Weeping Willow)   花言葉:愛の悲しみ

 

(「今日は何の日カレンダー」、「ウィキペディア」など参照)

 

 

 いつもと変わらない日常が始まった。

 でも日本の各地や世界では・・・。

 

 

 

★<群馬・高崎>知人男性を4カ月間監禁した容疑、男女4人逮捕(TBS系(JNN))


3/12(月) 5:01 掲載

 群馬県高崎市のアパートに知人の男性をおよそ4か月間監禁したとして、男女4人が逮捕されました。

 

 逮捕されたのは、高崎市の建設会社・役員の井田恒彦容疑者(33)ら男女4人で、去年11月上旬ごろからおよそ4か月間にわたり、知人の38歳の男性を井田容疑者の会社が借りているアパートの一室に監禁した疑いが持たれています。

 警察によりますと、4人は食事は与えていたということですが、男性をトイレなどに閉じ込め、交代で見張りをしていたとみられます。男性にけがはありませんでした。

 男性は11日午前2時過ぎ、見張りの男に「金をやるから助けてくれ」と話して解放され、自ら110番したということです。調べに対し、井田容疑者ら2人は容疑を否認しています。

 4人は借金の返済を迫るために男性を監禁したとみられ、警察が詳しいいきさつを調べています。



男性をおよそ4か月間監禁された群馬県高崎市のアパート。(TBS系(JNN))



 

 

★<北海道・新千歳空港>『ナイフ所持』情報で保安検査をやり直し(HTB北海道テレビ放送)
3/12(月) 0:49 掲載

 11日夜、新千歳空港の国内線の搭乗待合室付近で「ナイフを持った人がいる」という通報があり、すべての搭乗客の保安検査をやり直すトラブルがありました。

 11日午後9時半ごろ、新千歳空港の国内線の搭乗待合室付近にいた人から「ナイフを持っている人がいる」と警察に通報がありました。

 これを受けて、すでに航空機に乗っていた人を含む、東京行きのエアドゥ・全日空あわせて4便の乗客780人の保安検査をやり直しました。再検査でナイフなどは見つかりませんでした。

 午後10時20分ごろに安全が確認され、運航が再開されました。すでに飛行機に乗っていた客が一旦降りて、検査をしなおすなどしたことから最大で2時間45分の遅れとなり、空港は一時混乱しました。


 



 

★<カメラ>1923年製ライカ、史上最高額の3億1500万円で落札(AFP=時事)
3/11(日) 16:54 掲載

 ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ(Leica)」の1923年製のカメラが10日、オーストリアの首都ウィーンで競売にかけられ、カメラとしては史上最高額の240万ユーロ(約3億1500万円)で落札された。競売を主催した写真とカメラの博物館「ヴェストリヒト(Westlicht)」が明らかにした。


 

 落札されたのは0型ライカ(ヌル・ライカ)と呼ばれる機種のシリアルナンバー122で、1925年にライカが量産体制に入る2年前につくられた25台の1台。最低落札価格は40万ユーロ(約5300万円)に設定されていたが、新品同様の品に激しい入札合戦となった。

 ヴェストリヒトによれば、最終的にはアジアの入札者が落札した。製作された当時の状態が保たれている0型ライカは、3台しかないという。

 ライカは世界最古のカメラブランドの一つで、写真界の偉人、ロバート・キャパ(Robert Capa)やアンリ・カルティエブレッソン(Henri Cartier-Bresson)といった写真家に愛されてきた。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 

 

 

 

国際アクセスランキング1位

 

★<インドネシア>ごみだらけのバリ島の海、ダイバーが撮影(AFP)

3/11(日) 11:18配信


 インドネシアのバリ(Bali)には、ヤシの木で彩られた景色や豊かな海洋生物目当てに何百万人もの観光客が訪れるが、その一方で澄み切った海の下には危うさが潜んでいる──それは膨大な量のプラスチックごみだ。

 英国人ダイバーのリッチ・ホーナー(Rich Horner)氏が3日に撮影した水中映像には、バリ島そばの有名なダイビングスポットで、プラスチックなどのごみがあふれる海の様子が収められ、この「楽園」が抱える問題を如実に映し出した。

 ホーナー氏はフェイスブック(Facebook)に、バリ島から約40キロに位置するマンタポイント(Manta Point)で撮影した動画を投稿。この動画は既に100万回以上再生されている。

「海流は私たちに素晴らしい贈り物を届けてくれた。クラゲやプランクトン、葉や枝…ああ、それに幾つかのプラスチックもある」としていたホーナー氏だが、動画にはその後、ボトルやカップ、ストローを含むものすごい量のごみの中を泳ぐダイバーの姿が映り、「ポリ袋、さらにポリ袋、プラスチック、プラスチック、こんなにも多くのプラスチックがある!」と続けた。

 事態の深刻化を受けて、バリの当局者らは昨年、ジンバラン(Jimbaran)やクタ(Kuta)、スミニャック(Seminyak)といった人気のビーチを含む6キロにわたる沿岸一帯に「ごみ緊急事態」を宣言した。

 1万7000以上の島々から構成されるインドネシアは、中国に次ぐ世界第2位の海洋ごみ排出国で、毎年排出されるごみは129万トンという膨大な量に達すると推算されている。

 バリにあるウダヤナ大学(Udayana University)で環境海洋学を専門とするイ・ゲデ・ヘンドラワン(I Gede Hendrawan)氏は先にAFPの取材に対し、「マイクロプラスチック(微小なプラスチック粒子)は魚の汚染を招き得る。人が食べれば、がんを含む健康問題を引き起こしかねない」と話していた。(c)AFPBB News



ゴミだらけのバリ島の海(AFP)



 

 

 

 

★今日のお天気・・・ <全国の概況>
 
 きょうは低気圧が東海上へ離れ、日本付近は西から高気圧に覆われてきます。沖縄や九州南部は雲がやや多くなりますが、晴れ間があるでしょう。九州北部や中国、四国から東海、北陸3県、関東は晴れる所が多い見込みです。東北や北海道の太平洋側も大体晴れますが、寒気の影響で北海道から東北の日本海側と新潟県は雲が広がりやすいでしょう。朝まで雪でふぶく所もありそうです。

 

★今日の音楽は・・・<尾崎亜美 春の予感>



 

出典・参照:YAHOO! JAPAN ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/)

 

今日も良い一日を!








 




 

★「#新生活のスマホ/ネットあるある」をツイートして豪華賞品を当てよう!



 

★主に女性の方向け★美容・健康についての情報を紹介しています。

⇒ <美容系商品サイト>

 


水泡力
ビローザ
皮膚科医


薬用キメテホワイトニングナイトクリーム
 

フォトシンデレラ




 

糖煎坊




ネムリス


コエンザイムQ10







ニッピ コラーゲン100





アイキララ

あわせて読みたい関連記事:

 - 時事ニュース

Translate »