今日の国内外ニュース(旧:マーサタンタン生活情報局)

主として、話題のネタになる「今日の国内外ニュース」について紹介します。

3月3日 国内視察もコピペ 30人の報告書、使い回し 岡山県議会

   

SPONSORED LINK

 

 

 今日は、「上巳(じょうし/じょうみ)、桃の節句」「雛祭り」「耳の日」なんだそうです。

 古くは、「昭和三陸地震が発生、3,008人の死者を出す。(1933)」「富士重工業が初の軽自動車、スバル・360を発表。(1958」「京葉線・西船橋 – 南船橋および南船橋 – 千葉港(現在の千葉みなと)が開業。武蔵野線に乗入れ。(1986)」「愛媛県の予讃本線・向井原 – 内子・伊予大洲 – 新谷が開業し、内子線経由の短絡ルートが完成。(1986)」「福岡市地下鉄空港線延長部(博多駅 – 福岡空港駅間)が開業し全通。(1993)」「西武鉄道の証券取引法違反事件で、西武鉄道前会長の堤義明が東京地方検察庁特捜部に逮捕される。(2005)」「多駅駅ビルJR博多シティが開業。(2011)」などがあった日なんだそうです。

誕生花:れんげ草 (Astragalus)   花言葉:私の幸福

(「今日は何の日カレンダー」、「ウィキペディア」など参照)

 いつもと変わらない日常が始まった。

 でも日本の各地や世界では・・・。

 

 

 

★<岡山県議会>国内視察もコピペ 30人の報告書、使い回し(毎日新聞)


3/3(土) 8:15 掲載

 ほとんど同じ内容の海外視察報告書を議員13人が提出していたことが発覚した岡山県議会(定数55)で、国内視察でも30人(延べ58人)が同様の報告書で済ませていたことが毎日新聞の取材で分かった。個人の意見を述べるべき「県政へのアプローチ」や「所感」の項目が一言一句同じケースもあった。岡山県議会で報告書の使い回しが常態化している実態が明らかになった。

 

 岡山県議会では、国内視察にあたって県議1人に年20万円まで公費を支出している。報告書は県議会事務局に提出されるが公開されておらず、毎日新聞は事務局に資料が保存されている2014年度以降の視察について情報公開を請求し、分析した。

 その結果、11件の視察に参加した県議のうち、▽自民26人(元職1人を含む)▽民主・県民2人▽共産1人▽無所属1人--の報告書の内容がほとんど同じだった。これらの視察には計510万円の公費が充てられた。

 3人が昨年3月に松山市の婚活支援施設を日帰りで訪れた際の報告書では、全員の所感が全く同じで、センターのボランティアについて「この力は大きい。頭の下がる思いである」と記していた。「ICT」(情報通信技術)を全員が「ITC」と誤記し、「ビッグデータを活用し、戦略を練っていることもすばらしい」と同一の感想をつづった。

 7人が2016年3月に九州を訪れた視察では、養殖トラフグの生産量が日本一の長崎県の水産試験場について「訪れた瞬間から敷地や施設の破格さに圧倒された」と全く同じ驚きを記載。うち6人は、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)に絡み、「近代工業化を果たし」とすべきところを「工業化を幡司」と同じミスをしていた。同じ文章をコピー・アンド・ペースト(コピペ)していたとみられる。

 県議の一人は取材に対し、議員同士で文章を使い回ししたことを認めた上で、「適切ではなかった。これからは自分の言葉で書く」と改める考えを示した。一方、多くが同じ報告書を提出していた自民の中にも独自の内容で作成していた県議もいた。公明の県議は使い回しに関わっていなかった。

 岡山県議会では今年1月、県議13人が参加し、約1400万円の公費が支出された16年11月の米国視察で、「コレクション」を「これ区書」とする誤記などを含めてほとんど同じ文章の報告書が提出されたことが明らかになった。県議会には抗議の電話が約70件寄せられているものの、報告書の在り方について改めようとする動きは出ていない。【竹田迅岐】



「近代工業化を果たし」とすべきところを「近代工業化を幡司」と同じ誤記をしている複数の議員の視察報告書のコピー(毎日新聞)



 

 

 

★<ストーカー>「緊急禁止命令」急増 警察の対応迅速化(毎日新聞)


3/3(土) 10:47 掲載

 2017年6月施行の改正ストーカー規制法で加害者への警告や聴聞を経ずに出せるようになった緊急禁止命令が、改正法施行時から17年末までの半年間に全国34都道府県警で計267件出されたことが警察庁への取材で分かった。16年の1年間に警告や聴聞を経て出た通常の禁止命令173件の約1.5倍に上り、警察がストーカーへの対応を迅速化させている現状が浮き彫りになった。一方、佐賀、長崎、宮崎県など13県警は緊急禁止命令を出しておらず取り組みに地域差があった。

 

 警察庁によると、改正法施行後から17年末にかけて緊急禁止命令を出したのは、福岡県警の59件に続いて兵庫県警32件、三重県警22件の順に多く、34都道府県警で計267件だった。まだ集計されていない17年の通常の命令も合わせると年間の禁止命令の総数はさらに多いとみられる。

 最多の緊急禁止命令を出した福岡県警によると、17年に出した緊急と通常を合わせた禁止命令は83件で、16年の7件から約12倍に急増した。ストーカー規制法違反での検挙件数も前年より18件多い32件に増えており、このうち6件が禁止命令に従わなかった「命令違反」での検挙だった。

 県警幹部は「より早く加害行為をやめさせるため積極的に緊急禁止命令を出すよう指導している。法改正で警察が対応できる幅が広がった」と強調する。

 一方、改正法施行から17年末まで緊急禁止命令を出していない佐賀、長崎両県警は「緊急の事案がなかった」と説明。同様に出さなかった宮崎県警は「被害者が安心できるよう緊急時は逮捕を優先し、釈放までに文書での警告を用意するなどしている」と話した。

 別の県警幹部は「通常の禁止命令手続きで十分対応できる。加害者からの聴聞を開くことなく命令を出せば、不服申し立てや訴訟を起こされるリスクもある」と打ち明けた。

 ストーカー問題に詳しい千葉大の後藤弘子教授(刑事法)は「新制度で警察の選択肢が増えたことは意義がある。緊急禁止命令を出した事例を検証し、どういった場合にメリットがあるのか全国の警察で情報を共有することが重要だ」と話す。【宗岡敬介】

 

 ◇「言動、総合的に判断」福岡県警幹部

「俺と結婚しろ」。昨夏、福岡県内の10代の女性にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で1カ月に300件近くのメッセージが送りつけられた。送り主は以前に交際を断った20代の男。女性は恐怖心を抱き警察署に相談した。

署は男を呼び出して事情を聴いたが、男がその後も女性に「殺す」などのメッセージを送ったため、女性に危害が及ぶ可能性があると判断。署長名で緊急禁止命令を出し、男に命令文書を手渡した。

緊急禁止命令から15日以内に実施される意見聴取で男は「メッセージを送れば何か反応があるかもしれないと思った。今後はもうしない」と反省の言葉を口にし、その後は被害が止まったという。

福岡県警幹部は「緊急禁止命令で重大事案への発展を未然に防げた。逮捕も選択肢の一つだが、加害者の恨みを増幅させる可能性もある。加害者の言動などを総合的に判断し、どのような対応が良いか常に考え続けなければならない」と話す。

 【ことば】ストーカー規制法に基づく禁止命令

つきまといなどストーカー行為が確認された場合に都道府県の公安委員会が加害者から聴聞した上で出す。禁止命令に違反すれば同法違反容疑で逮捕できる。2017年6月の改正法施行で聴聞前に必要だった加害者への警告が不要となり、被害者の安全に関わる緊急時には聴聞を経ずに警察が緊急禁止命令を出せるようになった。通常は聴聞を経るため命令を出すまで2~3週間以上かかる。


 

 



 

 

★<南アフリカ>女性がライオンにかみ殺される(AFP=時事)

2/28(水) 16:53配信


 南アフリカの首都プレトリア近郊にある宿泊施設で27日、女性(22)が雌ライオンにかみ殺された。地元メディアが報じた。

 女性はプレトリアの北方約45キロにあるハマンスクラール(Hammanskraal)の宿泊施設でグリニッジ標準時(GMT)27日午前9時(日本時間同日午後6時)ごろ、雌ライオンに襲われたという。

 南アフリカで緊急移送サービスなどを展開するネットケア(Netcare)の広報担当者によると、救急隊が駆け付けた時、現場では蘇生が行われていたが、女性は重傷を負い、その場で死亡した。現在警察が経緯を調べている。

 南アフリカでは、今月に入り「クルーガー国立公園(Kruger National Park)」で密猟者とみられる男がライオンの群れに襲われ死亡し、遺体のほぼ全てを食べ尽くされる事故が起こっていた。【翻訳編集】 AFPBB News


 

 

 

 

 

 

国際アクセスランキング1位

 

★<インドネシア>巨大ワニの体内から人の脚と腕、行方不明だった男性のものか (AFP=時事)

3/2(金) 21:58配信


 インドネシアので、巨大なワニの体内から人間の脚と腕が見つかった。ワニが男性1人を襲って殺したとみられている。警察が2日、発表した。


 

 事件が起きたのは同国のカリマンタン島(Kalimantan Island、別名:ボルネオ島、Borneo Island)。当局が川岸近くで体長6メートルのワニを射殺したが、その2日前には地元のパーム油農園で働く36歳の男性が行方不明になり、オートバイとサンダルだけが現場に残されていた。

 今月1日には、四肢のうち2本を失ったこの男性の遺体が、島を流れる川の別の場所で浮かんでいるのが見つかり、捜索は打ち切られていた。

 地元警察署長は、「ワニの胃の中から左腕と脚1本を発見した。犠牲者のものと考えている」と発表した。

 被害者の妻によると、男性は食用の貝を採りに行くと言って自宅を出たという。「夫がこんなひどい状況に陥るとは想像もしなかった」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News


 

 

 

 

★今日のお天気・・・ <全国の概況>
 
 前線や湿った空気の影響で、沖縄は一時的に雨や雷雨となり、ザッと強まることもあるでしょう。九州も昼ごろから雨、四国も夕方から雨の所がありそうです。中国や近畿から関東は晴れて、行楽日和でしょう。東北や北海道の天気も回復して晴れ間が広がりそうです。強い風も次第に収まるでしょう。最高気温は全国的に平年より高く、3月中旬から4月上旬並みの所が多い見込みです。

★今日の音楽は・・・<山下達郎 – REBORN(short ver.)>



出典・参照:YAHOO! JAPAN ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/)

今日も良い一日を!

 

 



 





 







 

糖煎坊




ネムリス
 

 

★主に女性の方向け★美容・健康についての情報を紹介しています。

⇒ <美容系商品サイト>

 

水泡力
皮膚科医


薬用キメテホワイトニングナイトクリーム
 

フォトシンデレラ



コエンザイムQ10






 


ニッピ コラーゲン100

 





 

アイキララ

あわせて読みたい関連記事:

 - 時事ニュース

Translate »