今日の国内外ニュース(旧:マーサタンタン生活情報局)

主として、話題のネタになる「今日の国内外ニュース」について紹介します。

3月7日 84歳男性 受け子の16歳少年を一喝 兵庫・西宮

   

SPONSORED LINK

 

 

 今日は、「消防記念日」「サウナの日」なんだそうです。

 

 古くは、「北丹後地震発生。(1927)」「東京都墨田区玉の井の『お歯黒どぶ』から男のバラバラ死体発見。(玉の井バラバラ殺人事件:1932」「朝鮮人を主体とした群集約2000人が警察官28人に重軽傷を負わせた。(王子朝鮮人学校事件:1951)」「湘南モノレールが開業。(1970)」「連合赤軍山岳ベース事件で警官隊により最初の遺体が発見される。(1972)」「政治資金規正法違反(在日外国人からの献金)のため、前原誠司外務大臣が辞任。(2011)」「日本一の高層ビルであるあべのハルカスが全面開業。(2014)」などがあった日なんだそうです。

 

誕生花:たねつけばな (Cardamine)   花言葉:燃える思い

 

(「今日は何の日カレンダー」、「ウィキペディア」など参照)

 

 

 いつもと変わらない日常が始まった。

 でも日本の各地や世界では・・・。

 

 

 

★<兵庫・西宮>16歳受け子に「身分証持たずに来るのか」 84歳男性が一喝(神戸新聞NEXT)


3/7(水) 3:56 掲載

 高齢女性の自宅を訪ね、キャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、兵庫県警西宮署は6日、詐欺未遂の疑いで大阪府阪南市の無職少年(16)を逮捕した。少年は銀行員と偽ってスーツ姿で高齢夫婦の家を訪れたが、若さや振る舞いを不審に思った84歳の夫に身元を問いただされ、逃走していた。


 

 少年の逮捕容疑は何者かと共謀し、昨年11月17日午後0時半ごろ、西宮市内の女性(80)宅に市役所職員などを名乗って「医療費の還付金がある」「受け取るにはキャッシュカードを新しくする必要がある」などと電話をかけ、カードをだまし取ろうとした疑い。

 同署によると、少年は銀行員を名乗って被害者の女性宅を訪問。女性の夫(84)が対応し、名刺の提示を少年に求めると動揺したため、「あんたの銀行は身分証も持たずに来るのか」と一喝したところ、少年はその場から逃走した。

 同署は女性宅で写されたインターホンの画像などから少年を特定したといい、少年は容疑を認めているという。

兵庫県警西宮署=西宮市津田町(神戸新聞NEXT)



 

 

 

★<政府>北の「非核化」疑問、 政府 圧力路線を継続し時間稼ぎを警戒(時事通信) 


3/7(水) 7:59 掲載

 日本政府は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅大統領との4月末の首脳会談に応じたことについて、日米韓3カ国の連携にくさびを打ち込む狙いがあるとみて警戒している。

 

 米韓両国と早期に方針を擦り合わせ、圧力路線の継続を確認したい考えだ。

 「北朝鮮の『ほほ笑み外交』に目を奪われ、圧力強化の方針からぶれてはならない」。安倍晋三首相は6日、カナダのトルドー首相との電話会談で、韓国に急接近を図る北朝鮮の動きに警鐘を鳴らした。小野寺五典防衛相は同日夜、防衛省で記者団に「南北対話が本当に北朝鮮の核・ミサイル開発の放棄につながるのか、慎重に見定める必要がある」と語った。

 北朝鮮はこれまでも、経済制裁などで苦境に陥るたびに「対話」を持ち出し、国際社会の圧力をかわす裏で、核・ミサイル開発を進めてきた経緯がある。政府高官は、北朝鮮による「時間稼ぎ」の可能性を警戒。「圧力をかけていくことが大事だ」と指摘した。

 北朝鮮は今回、一貫して拒んできた「非核化」にも言及した。しかし、政府関係者は「非核化という言葉に何度もだまされた」と疑問視。外務省幹部は「非核化というなら国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れが必要だ」と語った。

 圧力路線を主導する日本政府にとって、文氏が対話路線に傾いていることは懸念材料だ。菅義偉官房長官は6日の記者会見で「対話のための対話は今まで全く意味がなかった」とけん制。南北首脳会談で安易に妥協しないよう、韓国側に働き掛ける考えだ。

 一方、河野太郎外相は16日から米ワシントンを訪問する予定。ティラーソン国務長官らと会談し、日米で引き続き緊密に連携していくことを確認する。また、平昌冬季五輪・パラリンピック後に延期となった米韓合同軍事演習を予定通り実施するよう促す見通しだ。 


 



 

★電子たばこの蒸気を吸引、尿から5種類の発がん物質 米研究(CNN.co.jp)

3/6(火) 19:32配信


 脱ニコチン依存の目的で電子たばこに切り替える愛煙家が増えている。だが電子たばこの蒸気は害が少ないとされるものの、長期間使い続けた場合の有害性についてはまだ論議が交わされている段階だ。


 5日の米小児学会誌には、電子たばこの蒸気を吸った16歳の子どもの尿から、5種類の発がん物質が見つかったという症例報告が発表された。別の調査では、電子たばこは10代の子どもが喫煙を始めるきっかけになりかねないとも指摘されている。

 カリフォルニア大学の研究チームは、電子たばこを吸ったことのある13~18歳の子どもの唾液と尿を調べた。

 その結果、電子たばこを吸った子どもから検出されたベンゼン、エチレンオキシド、アクリロニトリル、アクロレインおよびアクリルアミドの値は、吸わなかった子どもに比べて大幅に高いことが判明。たばこを吸っている子どもの場合は、さらに高い値が検出された。

 これとは別に、電子たばこを経験した子どもは、ほぼ2倍の確率で普通のたばこを吸うようになるという調査結果も発表されている。

 2月にジョージワシントン大学などの研究チームが発表した調査では、2014~16年にかけて米国人約7万人を対象に行われた聴き取り調査のデータを分析した結果、毎日電子たばこを使用すると、心臓発作のリスクが2倍になることが分かったとしている。

 普通のたばこと電子たばこの両方を毎日使い続けた場合、このリスクは最大で5倍に上昇するという。


 

 

 

 

 

国際アクセスランキング1位

 

★<豪州>「瓶入りの手紙」132年ぶり発見=投入後の期間で世界最長(時事通信社)

3/7(水) 6:48配信

 オーストラリアで「瓶入りの手紙」が海に投げ入れられてから約132年ぶりに見つかった。


 西オーストラリア博物館が6日、発表した。これまでの最長記録は108年余りとされ、それを上回ることになる。

 手紙が入っていた瓶は、海流を推計するために投入する「海流瓶」。1886年6月12日、ドイツの帆船からインド洋上で海に投入された。瓶は、西オーストラリア州の州都パースの北へ180キロの海岸沖にあるウェッジ島の砂浜で回収された。

 同博物館は、持ち込まれた瓶と手紙を鑑定。ドイツに残る当時の記録などと照合した結果「本物」と確認した。手紙の表面には投入した日付や船の名前などが明記され、船長の直筆もある。裏面には手紙の発見者に対して見つけた日付や場所を書き込み、最寄りのドイツ領事館などに送るよう呼び掛ける文言がある。 


 

 

 

★今日のお天気・・・ <全国の概況>
 
 きょうは、西から気圧の谷が近づいて、本州付近には湿った空気が流れ込むでしょう。沖縄や九州、中国、四国は夕方から所々で雨が降りそうです。近畿から関東も雲が広がりやすいでしょう。東北と北海道は、日本海側の所々で昼頃まで雪が降り、ふぶくこともありそうです。午後は次第に晴れてくるでしょう。最高気温は平年並みか低くなり、関東から北は真冬のような寒さでしょう。

 

 

★今日の音楽は・・・<E.エルガー チェロコンチェルト>



 

出典・参照:YAHOO! JAPAN ニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/)

 

今日も良い一日を!

 

 





 







 

糖煎坊




ネムリス
 

めばえ
ジェイドブラン
 

★主に女性の方向け★美容・健康についての情報を紹介しています。

⇒ <美容系商品サイト>

 

コエンザイムQ10
ビローザ
水泡力
皮膚科医


薬用キメテホワイトニングナイトクリーム
 

フォトシンデレラ



コエンザイムQ10






 


ニッピ コラーゲン100

 





 

アイキララ

あわせて読みたい関連記事:

 - 時事ニュース

Translate »